電気工事士が選んだ工具

電気工事の現場で使う電動工具

電気工事でもさまざまな電動工具を使います。
特に使うのがドリルなどの穴あけに使う工具でしょう。
そのほかにも、ハンガーレールや金属製の配管材の切断に使う丸鋸やシャーリングといった切断工具、
当然、ネジやボルトを締付けるときに使うインパクトドライバーなど、
いろんな電動工具を使うものですが、
電気工事で使う電動工具というと機動性を考えて、充電式の工具が多いのが特徴でしょう。

 

最近では、多くの業者さんが充電工具を活用していますが、その中でも電気工事関連は多い部類だと思います。
元来、電気工事士さんというのは新しいもの好きな方が多いですから、
新製品というとほかの業者に先駆けて使う方が多いように思います。

 

私もその中の一人ですから、これまでにもいろんな工具を使ってきましたが、
中には電気工事には向かないものも有ったりして無駄な買い物をすることもありますが、
少しでも便利な工具有れば、それだけ作業量を減らすことができますから
コストの削減にもつながるでしょうし、身体的な疲れも少しは軽減できると考えます。

 

電気工事は傍目で見るほど楽な仕事ではありませんから、
少しでも楽に電気工事が出来るように使える電動工具は、
今後も積極的に導入していこうと考えていますので、
私がこれまでに使ってきたものや使えそうなものを中心に紹介しておきますので、
みなさんが気になるものをチェックしてください。

 

電動工具のカテゴリー案内

 



 

電気工事士が選んだ工具は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることでサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

電気工事士が選ぶ電動工具記事一覧

現場作業で今や必須工具となったインパクトドライバーを紹介しています。電気工事だけでなく、ほかの多くの業者さんも使っているものですからみなさんそれぞれで、お気に入りのメーカー品もあるでしょうし、充電イン...

ハンマードリルの紹介ですが、もちろんみなさんは使い方はご存知ですね。ハンマードリルはコンクリートなどにアンカーピンなどを入れる孔を空けたり、時にはケーブルを通すための貫通を行ったりするときに使うもので...

電気工事の中で、タイル面や大理石などにいろんな器具を取付けることもあると思います。そんなときに使うのがカールプラグなどだと思いますが、タイルや大理石などはハンマードリルのような強い打撃を与えるとすぐに...

電気工事でも丸鋸はよく使う電動工具の一つですが、電気工事で使うのは主に金属製のハンガーレールや配管材の切断など切粉が飛び散るとても危険なものばかりです。ですから切粉などの飛散の少ないものを選ぶ必要があ...

電気工事の現場の中には、ほかの切断工具のように火花が出るものの使用が禁止されているところもあります。そんなときでも、ある程度使えるのがバンドソーです。バンドソーは帯のこ刃でゆっくり切断するので、ほとん...

電気工事では何かに付けて3分の寸切ボルトを使用します。3分寸切ボルトを切断するのに使うのが全ネジカッター通称寸切カッターです。電気工事の職人さんで全ネジカッターなどと呼んでいる人を私は見たことがありま...

電気工事では天井に埋め込まれる照明器具やエアコンなどの開口作業を多く行います。少しくらいなら引廻しなどで開口するのもいいですが、ボードの粉まみれになって作業服は汚れるし、眼にボードの粉が入ったりすると...

狭い部分の不要な配管などの切断に便利なレシプロソー/セーバーソーの紹介です。二つの呼び名がありますが機能的には同じものです。メーカーサイドの呼び名が違うだけのことだと考えてください。あまり電気工事屋さ...

ディスクグラインダーは正式名称ですが誰もこんな呼び方はしていません。電気工事で使うディスクグラインダーは小型のディスク100mm程度のものがほとんどで、電気工事の職人さんは「ベビーサンダー」と呼ぶのが...

電気工事だけでなく建築現場で使われる集塵機(掃除機)を紹介しています。現場での基本は掃除です。自分が行った作業で出たゴミは自ら片付けるのが基本ですから、ゴミ捨て用の土嚢袋やごみ用バケツなどは必須ですし...