電気工事士が選んだ工具

電気工事士が選ぶ圧着工具

電気工事士にとって圧着工具は欠くことのできない大切な工具です。
屋内配線が終われば必ずジョイント箇所があります。
最近は、VVFケーブルの接続はほとんどWAGOなどの差込コネクタを使うので、
あまりリングスリーブを用いてのジョイント作業は行わなくなりましたが、
それでも完全に無くなったわけではありませんので圧着ペンチも必要です。

 

幹線ケーブルなどの接続には各種の圧着工具が必要ですから、
みなさんも、たくさんの圧着工具を使っていると思います。

 

こちらのカテゴリーでは電気工事士の私が選んだ使いやすいものを中心に紹介しておきますので
みなさんの必要としているものを見つけてください。

 

圧着工具のカテゴリー内容

 



 

電気工事士が選んだ工具は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることでサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

電気工事士が選ぶ圧着工具記事一覧

一口に圧着、ハンドプレスと言ってもいろんなものがあります。裸端子用、リングスリーブ用、絶縁閉端子用など、用途によって使うものが違いますので、このページで、それぞれ使いやすいものを紹介しておきますので、...

幹線ケーブルなど太物ケーブルの接続に使用する油圧圧着工具は、電気工事をする以上、絶対に必要な工具だと思います。工場や商業施設のように電気使用量の多い建物の電気工事では、各所に配電盤が配置されているので...

電気工事の中で行う幹線ケーブルの分岐やアースの母線からの分岐などに用いるT型コネクタ用圧縮工具は地味に必要な工具だと思います。使うときは続けて使うことが多いですが、使わないとはまったく使わない工具の一...

電気工事でケーブルをつなぐ時や、必要な長さで切断する時に使うのがケーブルカッターだという事は、電気工事士でなくてもわかることです。ともかく電気工事では、さまざまなケーブルを常に切断していると思います。...

電気工事の屋内配線に使用するVAケーブルの被覆剥きに使うのがVAストリッパーだという事は、電気工事士のみなさんならよくご存知でしょう。電気工事士の技能試験でも使ったと思いますから、その使い方も熟知して...

電気室内などで数多くのCVTケーブルの端子上げを行うのにケーブル被覆を剥く作業はとても辛いものです。数本なら電工ナイフで剥こうかと思いますが、数が多くなれば、心が折れてしまいそうになります。そんなとき...