電気工事士が選んだ工具

ハイヒッキー/ハイベンダー

電気工事で行う金属配管工事でも比較的細い金属管の曲げ加工に用いるものです。
金属電線管の配管作業の中では、C25、C19などの比較的細い配管を用いることも多く
電気工事屋としては、ハイヒッキーやハイベンダーは必須の工具です。
ハイヒッキーに関しては曲げ加工を行うのに多少の経験が必要ですが、
ハイベンダーなら、ほとんど経験を必要とせず、きれいなアール加工を行うことができるので、
時間短縮の意味と誰が曲げ加工を行っても同じ仕上がりにできるメリットがあります。
だからと言って、ハイヒッキーが必要ないかと言うと、
S字加工などはハイヒッキーが無くてはできませんので
ハイヒッキーを使いこなすことは、電気工事士として必須の技術です。

パナソニック(Panasonic) ハイヒッキー

パナソニック DS0029 ハイヒッキーE型 定格E19 C19

パナソニック DS0030 ハイヒッキーE型 定格E25 C25

パナソニック(Panasonic)
ハイヒッキーE型 19
DS0029

パナソニック(Panasonic)
ハイヒッキーE型 25
DS0030

Amazonはこちら Amazonはこちら

パナソニック DS0031 ハイヒッキーE型 定格E31 C31

パナソニック(Panasonic) DS0032

パナソニック(Panasonic)
ハイヒッキーE型 31
DS0031

パナソニック(Panasonic)
ハイヒッキーE型 39
DS0032

Amazonはこちら Amazonはこちら

 

パナソニック(Panasonic) ハイベンダー

パナソニック(Panasonic) DS0019

パナソニック(Panasonic) DS0025

パナソニック(Panasonic)
ハイベンダーE型 19
DS0019

パナソニック(Panasonic)
ハイベンダーE型 25
DS0025

Amazonはこちら Amazonはこちら

金属管加工は、電気工事士として必須の技術です。

探しのものが見つからないときは、このサーチボックスを使ってください。

 



 

電気工事士が選んだ工具は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることでサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。