電気工事士が選んだ工具

エアコン取り付け工事で使う工具

電気工事でもよく依頼を受ける工事の一つがエアコンの取付けです。
しかし、中にはエアコンの取付け方を知らない方も多く、
私のところにも同業者さんからの依頼も多くいただきます。

 

また最近では家電量販店やテレビショッピングで販売された
エアコンの取付を請け負っている業者も多いのですが、
ネット上にも「酷い取付をされたと」いう書込みが多いように、
技術的に未熟だったり、建物の構造を熟知していない業者が多いのも事実です。
それだけに、専門業者との価格差もあり、
安易に取付料金が安いからと依頼すると、とんでもない取付をされることもあります。

 

取付業者の肩を持つわけではありませんが、
家電量販店やテレビ通販などからの取付料金は、ビックリするくらい安く、
技術指導にまで手がまわらないというのが実情だと思います。

 

確実な取付を行うには、それなりの経験と知識が必要ですが、
多くの取付業者は、数時間の講習を行って即現場というところが多いのです。

 

また、専用工具の使い方すら知らない職人もいたりするのにはビックリさせられます。

 

今ご覧のみなさんで、基本的なことが理解できていない方は、
先輩方の仕事をじっくり見て、疑問点は質問するなどして、
技術向上に努めてください。

 

このカテゴリで紹介するエアコン取付工具はプロ用の工具ですから、
使いこなせれば確実な取付けが実現できるものばかりですから、
必要なものをチョイスして完璧なエアコン工事を心掛けてください。

 

エアコン工具のカテゴリー掲載内容

 



 

電気工事士が選んだ工具は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることでサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

電気工事士が選ぶエアコン工具記事一覧

エアコンの取付けで最も大切なフレア加工を行うのに必要なのがフレアツールです。フレア加工は、冷媒管と機械をつなぐ大切部分の加工ですから、少しのミスも許されない微妙な加工です。それだけに使うフレアツールも...

エアコンの取付けの標準工事方法として指定されている真空引きですからエアコンの取付け工事を行うのであれば絶対に必要な真空ポンプです。真空ポンプに取付けるエアコンの容量などに応じたものを選ばなくてはなりま...

エアコン取付けの基本は適正なトルクでフレアナットを締付けることです。弱すぎてはガス漏れの原因となりますし、逆に強すぎるとフレアの割れなどにつながり、こちらもガス漏れの原因となり、いずれの場合も機械不良...

エアコン取付に使う冷媒管のカットには銅管カッターの使用が必須です。冷媒管を潰さずに、きれいに切断するには銅管カッターを使うのが一番です。冷媒管のカットが歪んでるとその後のフレア加工が出来ませんので、銅...

エアコン取付にの最終段階で行う真空作業の状況確認に使うのが真空ゲージやマニホールドです。エアコンを取付けるだけなら真空ゲージがあれば十分です。メンテナンス作業などで運転状況の確認を行うにはマニホールが...

エアコン取付に冷媒管の曲げ加工を行うには銅管ベンダーが必要です。銅管ベンダーにもいろいろなものがあり、サイズもさまざまです。その中でも、実際の現場で使って使いやすいものを厳選して紹介しています。ルーム...

エアコンのフレア加工の前に切断面の成形作業を行うのに必要なのがリーマーです。冷媒管の切断面にバリが出ているとフレアに小さなな傷ができて機密性が保てなくなり冷媒ガス漏れの原因になります。それを防ぐために...

エアコンの冷媒ガス漏れを検査するリークテスタです。取付けたエアコンに少しだけ冷媒ガスを送り、各接続箇所などを検査すると仮に、フレアの不良などでガス漏れがあれば、すぐにセンサーが反応して、不良を発見する...

エアコンの冷媒ガス不足で運転が掛からないときなどに冷媒ガスを補充するときに使います。R410aやR32などの冷媒ガスは適正量を補充しなくては、正常な運転ができません。そのため、正確な計量が必要となるの...

エアコンの配管をすっきり納めるエアコンダクトをカットするのに使うのがエアコンダクトカッターです。この工具も多くの工具メーカーから販売されていますが、切断するだけのものなのでどのメーカー品も大きな違いは...

エアコン工事で使う冷媒管を途中でつなぐこともよくある話で、そのときに使うのが銀ロウとガストーチです。銀ロウを用いて行う溶接作業では、十分な火力と高い到達温度が大切なので、その条件を満たしたガストーチが...

エアコン工事で行う溶接作業のときに冷媒管の端を広げるのに使うのがエキスパンダです。冷媒管の端を広げ、そこにつなぐ冷媒管を差し込んでから溶接作業を行います。こうすることで、溶接箇所が1箇所で済むので作業...